日別: 2017年5月24日

より良い後遺障害等級獲得

弁護士が交通事故被害者のサポートをすることになると、後遺障害認定にもよい変化が出てくる可能性があります。後遺障害認定は主治医が作成する後遺障害診断書が等級の決め手になります。交通事故の案件に強い弁護士が介入していれば、書類の内容が適切かどうかをチェックすることが可能です。

また、検査が不十分で、後遺障害認定の申請をする準備が万全といえないような状態では、弁護士が主治医に対し検査の依頼をすることができます。さらに後遺障害診断書の作成にあたっては、弁護士が主治医に後遺障害診断の作成要領を渡し、書類作成の参考としてしてもらうというアクションを起こしてもらうことも可能です。

後遺障害認定の請求は被害者が自力で行なうことも可能ですが、上記のような弁護士がしてくれるようなことを、専門的な知識がなく行なうことは困難であり、不利な等級になってしまうことがあります。無等級と等級ありでは、100万円単位で受け取り金額に差が生じてしまいます。弁護士に依頼することにより、自力では無等級で終わっていたところが等級ありになったり、より自分にとって有利な等級に認定されたりする確率が飛躍的に上昇します。これによって示談金はより高額になるため、弁護士に依頼することにはメリットがあるのです。