月別: 2017年5月

交通事故被害後の示談

交通事故被害後の示談というのは、加害者と被害者が話し合いを行ない、損害賠償額や支払方法などの内容を決定し、解決することをいいます。そして決定した金額を被害者が受け取ることにより、加害者に対してこれ以上の損害賠償の請求をいっさいしないという約束をします。なお、決定した内容は示談書に記載し、この書類には法的効力があります。示談は自分ですることも可能ですが、自動車保険に加入している場合は保険会社の担当者に任せることも可能です。ただ、10対0で相手が悪い事故では、被害者側の保険会社が加害者側と話し合いをすることはできません。この場合には被害者側が自力で示談の交渉をするか、法律のプロの力を借りるのかのどちらかを選択することになります。

なお、示談金のなかには慰謝料が含まれており、自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士基準の3種類があり、自賠責保険、任意保険、弁護士の順で金額は高くなることがほとんどです。自力での交渉では、相手側の保険会社は任意保険基準での慰謝料を提示してきます。知識がなくうまく丸め込まれてしまうと、適正な示談金の受け取りができなくなってしまう可能性があります。相手側の保険会社は被害者のために話し合いに来てくれるのではなく、自社から出ていくお金=損失を少なくするために交渉に来るといっても過言ではありません。しかも、相手側の担当者は交通事故の交渉の経験、知識共に豊富です。少し交通事故の示談に関して知っているぐらいのレベルでは太刀打ちできないでしょう。被害に遭ってしまった場合には、まずは弁護士に相談してみるということが大切です。無料相談のところも多く、弁護士費用特約が付帯している保険であれば、弁護士費用の心配はありません。