示談交渉の負担軽減

示談交渉を自力でする場合には、相手側の保険会社の担当者と、何度も電話などで話し合いをしなければいけません。被害者が仕事をしている人では、多忙で保険会社との話し合いが鬱陶しいと感じてしまうこともあるでしょう。また、加害者側との話し合いという意識が強いと、精神的なストレスは非常に大きなものとなってしまいます。とくに被害者が命を落としたり、重度後遺障害になったりすると、交渉を行なう家族が加害者側と冷静に話し合いをするのは難しくなります。弁護士が介入することにより、すべてのやりとりを代理で行なってくれるため、心身ともに疲れきってしまうようなことが避けられるでしょう。

また、専門的な知識がなければ、保険会社に提示された示談金が適正なもののように思えて、同意してしまうことがあります。実際にはもっと高額な金額が適正であるのに、巧みなトークで騙されてしまうリスクが、自力での示談交渉ではあります。やっかいなことに、交通事故示談は基本的にはくつがえすことができません。弁護士が介入していれば、不当な金額で示談してしまうことがなくなります。こうしたメリットも弁護士が介入することにはあります。交通事故の示談交渉を専門としている弁護士をいまから探しておくと安心です。